株式会社T&G 土壌菌・腐植物質・有機物・リードアップ・フルボ酸・フミン酸・土壌微生物・土壌有機物・腐植前駆物質

会社案内

会社案内


◎創業理念・・・ 自然に学ぶ

自然に学ぶ

 人間は社会的な生き物です。したがって、人間を識るためには社会なり国家なりのあり様もさぐらなくてはなりませんし、政治のあり様も見いださなくてはなりません。また、知的生物としての人間が幸せであるためには、経済なり文化なりのあり様についても、さぐらなければならないこととなります。

 自然学とはつまり、自然の産物としての人間の本性に根ざした自然観を上位概念とし、自然を全的にとらえるなかでその本質を究め、人類の幸せを目的とする全的な学、ということになります。したがって自然学とは、個別科学の重用する解析的手法は、補助ないしは二次的手段として機能しうるとしても、個別科学の集積なり総体なりではありえず、また個別科学の延長上の学ではありえません。個別科学の発展した現代にあっては、自然学を究めるなかにしか、将来における人類の幸せは見いだし得ないと私たちは考えています。


p-daihyo.jpg


会社概要

社 名

  • 株式会社T&G

所在地

  • 〒868-0025  熊本県人吉市瓦屋町1284番地6
  • 電話及びファクシミリ番号  0966-24-2084

事業内容

1.腐植前駆物質及び腐植前駆物質水溶液の製造・販売
2.腐植前駆物質及び腐植前駆物質水溶液の用途開発
3.腐植前駆物質及び腐植前駆物質水溶液を活用した環境エンジニアリングコンサルタント
 1)耕作農業、重金属汚染土壌等の土壌改良
 2)循環型耕畜連携農業
 3)有機性廃棄物の有価物資源化
 4)廃水処理施設の有機物資源化施設への改造
 5)養殖場の水質改善              など

役員

  • 代表取締役社長  髙味 充日児
  • 取締役      髙味 敦子
  • 監査役      服部 克男

資本金

  • 5,000万円(内 払い込み済金額4,485万円)

創 業

  • 2002年10月 マイクローブ・システムズとして創業
  • 2003年10月 有限会社マイクローブ・システムズとして法人化
  • 2010年10月 株式会社T&Gに組織・社名変更



powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional