株式会社T&G 土壌菌・腐植物質・有機物・リードアップ・フルボ酸・フミン酸・土壌微生物・土壌有機物・腐植前駆物質

有機性廃棄物の高付加価値資源化

有機性廃棄物の高付加価値資源化

有機性廃棄物の高付加価値資源化ブロックフロー

(↑クリックすると拡大します)



農産物は土のなかの養分が形を変えたものです。土のなかの養分は農産物が光合成によって生成した有機物、農産物残渣、その田畑の刈草などを利用して土壌微生物が腐植前駆物質に加工し蓄えられます。

農産物が生長を保証されるためには、土のなかで腐植前駆物質が農産物に必要とされる以上の量が生産され、蓄えられる必要があります。このように生長を保証された農産物は、生命力をはちきれんばかりに発揮し育ち、実ります。
しかし、どうしても土のなかの腐植前駆物質は不足しがちです。

また、有機性廃棄物の加工品はこれまで「堆肥」と呼ばれてきましたが、この「堆肥」と呼ばれていた加工品の本来の使用目的は、田畑に棲息する土壌細菌をはじめとする土壌微生物への栄養源に他ありません。

なぜならば、農産物は光合成機能を持ち、基本的に有機物は不要だからです。よって、作物生産には土壌微生物を対象とした「有機物」が必要とされているのであって、作物への「肥料成分」が必要とされている訳ではありません。

そこで弊社では、土壌生成に関与する土壌微生物によって加工された有機性廃棄物を「土壌有機物」と呼ぶことにしました。この「土壌有機物」は、豊富な有機物量を持ちながら大腸菌群が検出されないものを最上位の品質と位置づけます。すでに腐植化回路に入った有機物ですから、畜舎内の敷料やリードアップ培養液製造時の原料などへも利用可能です。

また、田畑への有機物の不足分を補えるのが有機性廃棄物から製造される「土壌有機物」です。
これまでの有機性廃棄物は「処理・処分」という考えで対応されてきましたが、地球上の物質循環から見て、「土から出てしものは土へ還る」べきです。しかも土壌生成に関与する微生物によって加工された土壌有機物であれば、土のなかの土壌微生物によって腐植化がさらに進み農産物への供給体制を即座に整えます。

加えてこれまでの有機性廃棄物である家畜糞尿、食品加工残渣、浄化槽余剰汚泥等は、加工時に常に悪臭を伴うものでしたが、腐植前駆物質水溶液リードアップによる土壌有機物化は、自然の有機物が土へ還るとき悪臭を発しないのと同様に発酵過程から悪臭の発生を伴わない対応が可能となります。

→ 「土壌有機物」の加工方法の詳細については弊社までお問い合わせください。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional