腐植について

はじめに

 自然界に広く分布し、多くの作用を指摘されてきた“腐植”は、その機能の原理がほとんど不明であったため、資源としての活用が僅かな分野でなされてきたにすぎません。

 例えば、ある地方の“腐植”は神経痛に効果があるとか、また別の地方の”腐植”は動植物の生育を促進する、等々でしたが、“腐植”一般がそのような効果を示さないために、ほとんどが未利用のまま放置されてきました。しかしながら、“腐植“が多機能であることは多くの研究者や文献が認めていることで容認すべき事柄です。

目次
閉じる